ブリーダーとは

ブリーダーは、ペットとして販売される動物を繁殖している者を指します。ブリーダーは、健康な動物を繁殖させ、更には販売に適する状態に成長させ、その間に基本的な躾や、各種予防接種を行うなどもしています。
また良い血統の動物を繁殖させて展示会での入賞を狙ったり、異なる品種を掛け合わせるなどすることで、動物の品種改良も行っている場合もあります。

ブリーダーは儲からないらしい

ペットショップでは、イヌの場合で人気犬種では1頭数万円〜数十万円といわれ、ネコの場合でも人気のある種類は十数万円前後で売買されています。
しかしこれらは中間マージンを含んでの価格であり、実際に評価される個人のブリーダー業者自体は、品質を維持しようとすると、どうしても育成面で良好な環境を整えたり躾を行ったり十分な運動や世話をするなどの必要性からコストが掛かるため、利益は余り上がらない趣味の延長に過ぎない傾向すら見られます。
今では中間コストのかかるショップを通さないで、ブリーダーが直接販売しているのも多く見かけます。

ネットでブリーダーから購入

ペットを飼う時にショップで「可愛いから」と買ってしまうことがありますね。ブリーダーから直接買えばもっと安くなります。
今では全国のブリーダーが、ネットで子犬の販売をやっています。このような中から実績のあるブリーダーを選べば間違いないでしょう。
ブリーダーは犬の基本的はしつけまでやってくれるところがありますので、そのような犬を買えば自宅に飼ってもその日から問題なくペットと一緒に暮らせるでしょう。

スポンサードリンク

犬と暮らす喜び

犬を購入する時は、ブリーダーさんとコミュニケーションを取ってから子犬を決めましょう。優良ブリーダーならこちらが知らないことでも、いろいろと教えてくれます。躾けの仕方なども教えてもらえる場合もあります。
「犬と一度もくらしたことがない」「家族の一員として子犬を迎え入れたい」というあなたへ!ブリーダーから犬を迎える前に、犬とくらす喜びや楽しみをイメージしてみてください。自分のどのように犬と接したいかもブリーダーに相談してみるともよいですね。